TwitterJSの全ロード
Ploom

【最新】プルームXアドバンスドとプルームXの違いを実機レビュー

プルームxアドバンスドと旧モデルの違い

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)の購入を検討する上で、旧型Ploom X(プルームX)との違いが気になっている方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、プルームXアドバンスドは自動加熱機能の搭載や吸いごたえの向上など、さまざまな面が大きく進化しています!

この記事ではプルームXアドバンスドとプルームXの違いを実機レビューし、それぞれの共通点や口コミ評判もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の概要をご紹介

両機種のスペック概要

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いを比較する前に、両機種のスペック概要からお伝えします。

プルームXは約25秒間の加熱で「5分間無制限」で吸えるデバイスで、最高加熱温度295℃の強い吸いごたえを楽しめる旧型モデルです。

一方で、プルームXアドバンスドは便利な自動加熱が搭載され、重厚な吸いごたえを実現する新たな加熱システムを採用した最新モデルなので、加熱式タバコ初心者にも向いているでしょう。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X
(プルームX)
新発売時の値段(税込) 1,980円 3,980円
本体カラー ブラック
シルバー
スレートグレイ
シルバー
サイズ 約44mm×約89mm×約24mm 約43.5mm×約88.5mm×約24mm
重さ 約95g 約95g
使用可能時間 約5分(パフ制限なし) 約5分(パフ制限なし)
加熱時間 約25秒(自動加熱機能有) 約25秒(手動のみ)
加熱システム POWER HEATFLOW(320℃) HEATFLOW(295℃)
充電時間 約90分(20本) 約110分(20本)
左ヘッダ 約90分(20本) 約110分(20本)
製品保証期間 1.5年間 1.5年間
スターターキットの内容 本体
フロントパネル
ACアダプター 5V-3A(15W)
USBケーブル(USB-C to USB-C)
使い捨て掃除スティック
本体
フロントパネル
USBケーブル(USB-C to USB-A)
使い捨て掃除スティック

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いをレビュー

プルームXアドバンスドとプルームXの違い

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)のスペック概要が分かったところで、次は両機種の違いを詳しくレビューしていきます。

冒頭でもお伝えしているように、吸いごたえの向上・自動加熱機能の搭載・充電時間の短縮など、プルームXアドバンスドはさまざまな面でプルームXから進化しています。

ここからはプルームXアドバンスドとプルームXの違いを10個のポイントにまとめてレビューしていくので、ぜひチェックしてみてください。

違い①:加熱システムの進化で吸いごたえがアップ

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー1つ目は、加熱システムの進化で吸いごたえが向上したことです。

プルームXの「HEAT FLOW」システムから、プルームXアドバンスドの「POWER HEAT FLOW」システムへと進化したことで、最高加熱温度が320℃まで上がっています。

旧型の295℃からさらに25℃も加熱温度が上昇したことで、より重厚感のある強い吸いごたえを堪能できるようになりました。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X(プルームX)
加熱システム POWER HEATFLOW HEATFLOW
加熱温度 320℃ 295℃

違い②:シリーズ初搭載の自動加熱機能で使い勝手も向上

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー2つ目は、シリーズ初の自動加熱機能が搭載されたことです。

プルームXアドバンスドはスライドカバーを開いてタバコスティックを挿入すると自動加熱が始まるため、よりスムーズな喫煙体験を実現しています。

旧型プルームXではボタンエリアを長押しして加熱する必要があったため、自動加熱機能を待ち望んでいた方もぜひプルームXアドバンスドを手に取ってみてください。

自動加熱が機能しない理由

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)の自動加熱機能が機能しない場合、いくつかの原因が考えられます。

デバイスのスライドカバーを開けて1秒以内にタバコスティックを差し込んだり、開けてから10秒以上経ってから差した場合などは自動加熱がスタートしないので注意してください。

またバッテリー不足やデバイスロック状態、温度異常の発生といった場合も自動加熱が始まらないので気をつけましょう。

プルームXアドバンスドの自動加熱が機能しない理由
  • LEDライトが消灯する前にスティックを挿入した
  • スライドカバーを開けてからスティックを挿入するまでの時間が遅い
  • スライドカバーを開けたままにしていた
  • デバイスロックがかかっている
  • 電池の残量が少ない
  • 使用済みのスティックを使用している
  • 異常な温度を検知し安全機能が作動した
  • スライドカバーの開閉を連続して繰り返した

違い③:充電時間が90分と大幅に削減

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー3つ目は、充電時間が90分に短縮されたことです。

プルームXはフル充電までに約140分必要でしたが、プルームXアドバンスドの充電時間は約90分と、フル充電までの時間が1時間近く短縮されています。

充電時間が大幅に削減されたことで喫煙できるまでの待ち時間も短くなり、よりストレスフリーに楽しめるデバイスへと進化しました。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X(プルームX)
フル充電までの時間 約90分 約140分

違い④:本体のカラーバリエーションにブラックが登場

本体のカラーバリエーション

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー4つ目は、本体カラーにブラックが登場したことです。

プルームXの定番色はシルバーとスレートグレーの2色でしたが、プルームXアドバンスドはシルバーとブラックの2色へと変更されています。

過去にプルームXのスレートグレーを愛用していた方は、旧型プルームXのフロントパネルをプルームXアドバンスド本体へ付け替えることも可能なので安心してください。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X(プルームX)
本体カラー ・ブラック
・シルバー
・スレートグレイ
・シルバー

違い⑤:ACアダプターが付属品に追加

ACアダプター

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー5つ目は、ACアダプターが付属品に追加されたことです。

プルームXは充電用のUSBケーブルのみが同梱されていましたが、プルームXアドバンスドではACアダプターも付属されるようになりました。

ACアダプターを使うことで充電の安定感やスピードが向上するため、よりストレスフリーな喫煙を実現していると言えるでしょう。

違い⑥:USBケーブルの両端がタイプCへ変化

USBケーブル

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー6つ目は、USBケーブルの両端がタイプCになったことです。

プルームXはUSBタイプA端子からタイプC端子へと出力される形式であったのに対し、プルームXアドバンスドではタイプC端子からタイプC端子へと出力される形に変更されています。

タイプCが一般的に普及するようになり、時代に合わせた変更点と言えますが、専用ACアダプター以外で充電する場合はタイプA端子が使えない点に注意してください。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X(プルームX)
USBケーブル USB-C to USB-C USB-C to USB-A

違い⑦:デバイスロックの操作が本体でも可能になった

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー7つ目は、デバイスロックが本体側で設定できるようになったことです。

誤作動による空焚きを防ぐデバイスロック機能ですが、プルームXはスマートフォンなどのBluetooth経由でしか設定できませんでした。

しかし、プルームXアドバンスドでは本体の操作だけでデバイスロックをかけられるので、デバイス本体だけで操作を完結できる点は大きな改善点と言えるでしょう。

違い⑧:スライドカバー周辺のデザインが改良された

スライドカバー周辺のデザイン

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー8つ目は、スライドカバー周辺のデザインが改良されたことです。

プルームXはタバコスティックの差し込み口に小さな出っぱりがありましたが、プルームXアドバンスドでは差し込み口が完全な平面へと変更されています。

出っぱりがなくなったことで、スライドカバーの消耗により開け閉めしづらくなる問題が解消されたため、耐久性が向上して長く使えるデバイスへと進化しました。

違い⑨:ブランドロゴがエンボス加工に変更

ブランドロゴ

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー9つ目は、ブランドロゴがエンボス加工になったことです。

プルームXはデバイスにロゴが彫られているのに対して、プルームXアドバンスドではロゴが浮き出るエンボス加工へと変更されています。

エンボス加工へと変わったことで、滑らかで高級感のあるデザインを楽しめるようになりましたが、本体の外観は好みが分かれやすいポイントとも言えるでしょう。

違い⑩:スターターキット発売時の値段が安くなった

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いに関するレビュー10点目は、スターターキット発売時の値段が安くなったことです。

プルームXの発売時におけるスターターキットの値段は3,980円(税込)でしたが、プルームXアドバンスドは1,980円(税込)で購入することができます。

現在のプルームXのスターターキットは980円(税込)へと値下げされているので、初めて加熱式タバコを買う方はどちらかをお試しで購入してみるのも良いでしょう。

Ploom X ADVANCED
(プルームXアドバンスド)
Ploom X(プルームX)
新発売時の値段(税込) 1,980円 3,980円

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)には共通点もある

両機種の共通点

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いを解説してきましたが、いくつかの共通点もあります。

特に、タバコスティックは両機種で同じ銘柄に対応しているので、プルームXで愛煙していた銘柄を新型デバイスでもそのまま楽しめる点は大きな魅力と言えるでしょう。

続いては、プルームXとプルームXアドバンスドの共通点を5つご紹介していくので、旧型からの乗り換えを検討している方は要チェックです!

共通点①:使用するタバコスティック

タバコスティック

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の共通点1つ目は、使用するタバコスティックです。

プルームXで喫煙できるメビウスやキャメルといった人気銘柄は、プルームXアドバンスドでも引き続き使用できるようになっています。

過去にプルームXを愛用していたユーザーも、新型を初めて購入するユーザーにも、全18種類から選べる点は大きな魅力と言えるでしょう。

プルームXアドバンスで吸えるスティック一覧と値段

銘柄名 値段(税込)
メビウス・アロマリッチ・レギュラー 500円
メビウス・ディープ・レギュラー 500円
メビウス・スムース・レギュラー 500円
メビウス・ブラック・コールド・メンソール 500円
メビウス・ミックス・ミント・メンソール 500円
メビウス・シャープ・コールド・メンソール 500円
メビウス・コールド・メンソール 500円
メビウス・パープル・オプション 500円
メビウス・レッド・オプション 500円
メビウス・イエロー・オプション 500円
メビウス・マスカットグリーン・オプション 500円
メビウス・ベイズ・オプション 500円
銘柄名 値段(税込)
キャメル・リッチ 500円
キャメル・メンソール・コールド 500円
キャメル・メンソール・パープル 500円
キャメル・メンソール・マスカットグリーン 500円
キャメル・メンソール・レッド 500円
キャメル・メンソール・イエロー 500円

共通点②:喫煙時間や使用回数

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の共通点2つ目は、喫煙時間や使用回数です。

両機種の喫煙時間は「5分間無制限」なので、新型でも旧型と同じようにたっぷりと喫煙時間を楽しめる仕様となっています。

加熱時間も約25秒と共通していますが、プルームXアドバンスドでは自動加熱機能が使えるため、体感的な待ち時間は短縮されていると言えるでしょう。

共通点③:フロントパネルなどアクセサリー類

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の共通点3つ目は、フロントパネルなどのアクセサリー類です。

両機種のフロントパネルは交換できるようになっており、自分好みの本体カラーへとカスタマイズする楽しみは引き継がれています。

プルームXでのみ選べる「スレートグレー」のフロントパネルをプルームXアドバンスドに取り付けるといった方法もあるので、ぜひ自分なりの組み合わせを楽しんでみてください。

共通点④:デザインや質感

デザインや質感

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の共通点4つ目は、デザインや質感です。

細かな変更点はあるものの、全体のデザインや質感は大きく変化しておらず、コンパクトかつ洗練された曲線美は新型プルームXアドバンスドにも継承されています。

ユーザーから高く評価されたデザインは良い点として残っているので、プルームXを愛用していた方でも違和感なく乗り換えられるでしょう。

共通点⑤:サイズや重さ

サイズや重さ

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の共通点5つ目は、サイズや重さです。

デザインが大きく変わっていない点からも分かるように、両機種のサイズや重さにおいても大きな違いはありません。

プルームXアドバンスドは、サイズはそのままに吸いごたえや自動加熱機能が搭載されて進化しているので、プルームXのサイズに満足していた方にもおすすめします。

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)の口コミ評判をご紹介

プルームXアドバンスドの口コミ評判

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)の違いや共通点をご紹介しましたが、購入前にユーザーのリアルな口コミ評判が知りたい方も居るはずです。

口コミ評判を調査したところ「プルームXから変化を感じない」という悪い口コミがある一方で「味わいが濃厚になった」と高く評価する声が数多く見つかりました!

最後に、プルームXアドバンスドに対する良い口コミと悪い口コミレビューをご紹介していくので、参考情報として目を通してみてください。

悪い口コミ評判:プルームXと変わらない

新しいタイプが出たので期待しましたがそれほど前のと変わりない気がします。調子悪い時は結局スイッチ押すし…

出典:楽天市場

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)に関する口コミ評判は「プルームXと変わらない」です。

上記の口コミのように、自動加熱が始まらない時にスイッチを押す必要があることを含めて「大きな変化を感じない」というユーザーも居ました。

言い換えると、プルームXのデザインや性能に満足していたユーザーなら、プルームXアドバンスドも問題なく愛用できると言えるでしょう。

良い口コミ評判:味わいが濃厚になった

プルームエックス長年使用してますがこちらの方が味が濃厚。

出典:楽天市場

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)に関する口コミ評判2つ目は「味わいが濃厚になった」です。

プルームXアドバンスドで進化した強い吸いごたえや濃厚な味わいは、多くのユーザーから高く評価されていることが分かりました。

新たな加熱システムが重厚なキック感を実現しているので、プルームXアドバンスドは紙巻きタバコからの乗り換え先としてもぴったりでしょう。

Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の比較レビューまとめ

  • プルームXアドバンスドは操作性や吸いごたえがプルームXより進化している
  • プルームXよりもプルームXアドバンスドの方が値段も安い
  • 違う点も多いが使用回数やサイズ・スティックなど共通点もある

この記事では、Ploom X ADVANCED(プルームXアドバンスド)とPloom X(プルームX)の違いや、ユーザーによる口コミ評判を解説しました。

プルームXアドバンスドでは、自動加熱機能によるスムーズな操作感や、新たな加熱システムが実現する重厚な吸いごたえを楽しむことができます。

旧型プルームXと同じタバコスティックが使えるなど、良い点も継承されている新型デバイスなので、興味のある方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか!

この記事を書いた専門家
アバター画像
森美香子
匂いの少ないウィズ2を愛用中。タバコ業界の最新トレンドや技術革新に対する独自の見解を提供し、読者に信頼性の高い情報を提供します。テクノロジーとライフスタイルの融合が進む中で読者に新たな可能性と選択肢を示し続けることがモットーです。
【書き出し】DV2(1-クライアント除外,2-ネオ書出除外)
【3連】DV2/CHILLERS/SLASH
月版
100種類以上吸い比べて厳選!
おすすめ電子タバコ3選
【CTA】DV2
シリーズ累計販売台数2,000万本突破!話題の「ドクターベイプモデル2」が今なら62%OFFでお得! ドクターベイプモデル2

Amazon・楽天の電子タバコ部門年間ランキングで1位と大人気のドクターベイプモデル2が、公式サイトなら最安値で購入可能です!

ドクターベイプモデル2は高評価率90%のクオリティでありながら嫌な臭い0で、他の電子タバコにはない爆煙で圧倒的な満足感を得られる新型です。

そんなドクターベイプモデル2のスターターキットが、今なら本体とお好きなフレーバーが6種付いて62%OFFで手に入るので、気になった方は是非公式サイトをチェックしてみて下さい!

全ページ共通:新3連ギミック発動script